グリーンスムージーってアトピーにもいい?

グリーンスムージーってアトピーにも良いのか?ご紹介します。
MENU

グリーンスムージーはアトピーに良い?

 グリーンスムージーは健康に良い、肌に良いと聞きますが、アトピーにも効き目があるのでしょうか。
アトピーは医療機関で直す方法と、セルフケアによる改善を図る2つの対処方法があります。
医療機関で処方される薬が必要な症状もありますが、生活習慣を変えることで、さらに症状を軽くし、完治へと向かわせることができるそうです。
今回は、身体の中からデトックスを行える、グリーンスムージーがどのようにアトピーに有効なのか、ご紹介致します。

 

グリーンスムージーとは

 グリーンスムージーは、葉野菜とフルーツとお水をミキサーに掛けて作ったもので、無駄な甘味料等が含まれない身体に優しい飲み物です。
グリーンスムージーの最大の特徴が、「デトックス作用」です。
グリーンスムージーに使われる葉野菜とフルーツは食物繊維やポリフェノール、ビタミンC、酵素を豊富に含み、身体に溜まった老廃物を体外へ排出するよう促しくれます。
この、老廃物を外へ出すこと作用があるため、グリーンスムージーが健康やお肌に良いと言われているのです。

 

・老廃物が溜まっている=ゴミ屋敷?!
 デトックスは身体の中に溜まった老廃物を外に出す、いわば身体の大掃除を行うことです。
老廃物が身体に溜まったままの状態だと、新しく入ってくる栄養が身体の隅々まで届きにくくなり、エネルギーの吸収効率も悪くなります。
また、老廃物によって代謝が悪くなるので、肌が新しく生まれ変わる周期も狂わせていっしまうことにも繋がります。

 

・デトックス作用による効能
 老廃物が身体に溜まったままになると、老廃物から有害な物質やガスが出てきて身体に悪影響を出してきます。
グリーンスムージーは身体に不要となった老廃物を外へ出そうと促します。さらに、老廃物を外へ出そうとすることで、血流が良くなり、代謝も良くなります。
デトックスによって毒素を身体に取り込まないようにし、また毒素をすぐに体外へ出すことで、身体に受ける影響を最小限に抑えることが出来るのです。

 

アトピーとは

 ・アトピー性皮膚炎とは?
 アトピー性皮膚炎は、「かゆみのある湿疹」「よくなったり悪くなったりを繰り返す」「アトピー素因を持つ」という3つがアトピー性皮膚炎の特徴と言われています。
アトピー素因とは、簡単に言うと、「アレルギーを起こしやすい性質」のことです。
一般に、アトピーの症状が現れるのは、肌が極度に乾燥しているところに、アレルギーを引き起こす物質が何らかの形で侵入し、アトピーが起こるとされています。
アトピー性皮膚炎が起こる原因は、様々で、体質的な要因と、環境的な要因が関係しており、一概に何をすれば起こらないというわけにはいかないようです。
(第一三共ヘルスケア 参照)

 

・先進国で流行るアトピー
 アトピーや花粉症などは、衛生環境や食生活が整っていない発展途上国よりも、先進国で顕著に現れる症状と言われています。
その原因は、私達の生活が便利になりすぎたために、身体を動かさなくても食事が出来る、毎日好きなものを選んで食べることが出来る、昼夜問わず働き続けることが出来る、
などにより、本来人間が健康的な生活を送っていく上で必要な運動や、栄養などを取らずに生活していることがアレルギー症状を引き起こしている、とも言われています。
発展途上国では、食べるものを得るために身体を動かさざるを得ず、食べるものも、余分な糖分や人工的な物質が入ったものを口にすることがないために、
身体の中に老廃物が溜まることがほとんどありません。

 

アトピーになったときの対策とは?

では、アトピーになった時は、どのように対処するのが良いのでしょうか。
対処法としては、
・薬物療法
・スキンケア・セルフケア
・悪化因子への対策(特定のアレルギー物質は避ける、清潔な環境を心がける)
上記3つが挙げられます。
グリーンスムージーは、このスキンケア、セルフケアの対処法として効果的です。
アレルギー物質を体内に取り込まないのはもちろんですが、体内にある老廃物を排出することで、新陳代謝を促し、新しい肌への再生し、免疫力を高めることで、
皮膚のバリア機能が低下していた状態を改善していくことも期待出来ます。

 

まとめ

 アトピーは、様々な要因のために一つの治療方法ではなかなか思うようにはいかないこともあると思います。
ご自分に合った方法を組み合わせながら、自分で出来る方法として、身体の中から改善していけるグリーンスムージーも選択肢に入れてみてください。

このページの先頭へ